オレアノなブログ

オレアノの趣味の雑記です。写真・植物・オーディオ・トレッキングなど

2016年10月22日 伊豆ヶ岳~吾野

2016 10/23
山登り
昨日、フレさんと秩父の伊豆ヶ岳に登ってきました。

2016年10月22日 伊豆ヶ岳

ここは、関東ふれあいの道、とい登山コースがあり
正丸駅~伊豆ヶ岳~吾野駅までの縦走路が整備されている。

伊豆ヶ岳は、飯能アルプスの最深部?で、核心部には男坂・女坂の分岐があり
男坂は傾斜40°の長い鎖場があり、スリリングな岩登りが出来る。


今回はもともとは正丸駅から伊豆ヶ岳までのピストンを予定してて
フレさんの膝慣らし目的のつもりで予定を組んだんだけど
いざ駅について、関東ふれあいの道の道標を目にして、フレさんにスイッチが入ってしまった模様。

11時出発というかなり遅い時間から、5hの満喫コースを選択。
エスケープルートもあるので様子を見ながら進むことに。

道はかなり整備されていて歩きやすい山でした。

核心部の男坂は、かなりスリリングで、ツルツルの急な岩場を、鎖を頼るしかないところなどを超えて進む。
これだけ傾斜が急だと、流石にへばりつきたくなってしまう。

ところどころ足場もなく腕力にものを言わせるしかなく、雨の日はかなり厳しそう。
鎖場を超えても大きな岩登りが残っており、抜けるまで気が抜けない。

これを超えるとすぐに伊豆ヶ岳の頂上。
ここでランチを取りつつ大休憩
45分くらいまったりしたのが最後にツケが回ることとなる。

その後は腐葉土と岩と砂交じりの急な下りが続く。
いくつかの山へ登り返しつつ縦走し、名所の子の権現へ。
しかし、大きいワラジのことが頭から抜けていて、
日が暮れかかっていたこともありスルーしてしまう。

なんとか日が落ちるまでに浅見茶屋までたどり着き舗装路に変わる。

線路沿いの道まで出たらもう駅は目の前。
ここで日が完全に暮れる。

大通りから外れる、ふれあいの道を正確にトレースする道を選ぶと
再び林の中に。
流石に真っ暗でベッテンを使うことに。

かなりの遅出なうえに、お昼まったりしてしまったせいでこの様である。
すぐに線路に合流して、駅に到着。


フレさんの膝慣らしのつもりが、普通の山歩きレベルのコースを取ってしまったので
日暮れまでに駅にたどり着けなかった。

とはいえ、ほぼコースタイム通りに進めてたし、安全圏に日暮れ前に出ているので許容範囲だと思う。

そろそろ寒くなってきたので高い山が厳しくなっているので
こういう低山縦走もこの時期はいい感じでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Template: pink2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © オレアノ All Rights Reserved.