オレアノなブログ

オレアノの趣味の雑記です。写真・植物・オーディオ・トレッキングなど

2014/08/20 : 10年ぶりに登山道全線開通した大杉谷へ行ってきました

2014 08/25
山登り
道中記追うと長い上に恥さらしもいいところなので写真公開+α程度にしようと思います。

朝日新聞の大杉谷全線開通記事

行きは、18切符+ムーンライトながら

送信者 大杉谷 道中記用

送信者 大杉谷 道中記用


名古屋で降りる
送信者 大杉谷 道中記用


その後 関西線で亀山を経由して
送信者 大杉谷 道中記用


多気へ
送信者 大杉谷 道中記用


もうここまでくると・・・

送信者 大杉谷


もう一面、畑と山しかない
うん、遠くまで来た甲斐があったというもの!
こういう風景が見たかった

いよいよ登山口への連絡バスのある三瀬谷へ向かう
送信者 大杉谷


ここが三瀬谷駅
送信者 大杉谷 道中記用


徒歩でバスの止まる道の駅 おおだい へ
送信者 大杉谷 道中記用


いよいよ登山口の第三発電所へ
送信者 大杉谷 道中記用


大杉谷を流れるのは宮川の上流
送信者 大杉谷


綺麗だなぁ、なんて思ってtららいきなり
送信者 大杉谷


でもやっぱり川は凄く綺麗
送信者 大杉谷


川面のアップ 右側の白いのは空の映り込み(PLフィルター噛ませてるから少し偏光されている
送信者 大杉谷


そうこうしてるうちに
送信者 大杉谷


いきなり、ようこそ と言わんばかりの雰囲気に

この後いきなり登山道が険しくなり、カメラをぶらさげてることが苦しくなってきたので
この滝の写真を最後にほとんど撮れなくなりました・・・。コンデジ持ってくべき><。
送信者 大杉谷



気合でカメラを取りだしのは、堂倉滝
送信者 大杉谷


送信者 大杉谷


送信者 大杉谷



結局、ほとんど大杉谷の写真は撮れず・・・
シシ淵や崩落地なんか絶対撮りたかったけど、そんな体力的・時間的余裕はなかった・・・


そして大杉谷を抜け、日出ヶ岳の山頂へ

展望台
送信者 大杉谷


展望台からの景観
送信者 大杉谷


送信者 大杉谷


送信者 大杉谷


と、なんとか撮れた写真たちでした


大杉谷の通り抜け日出ヶ岳登頂の感想としては

めちゃめちゃキツかったです。

初心者レベルの私が行っていいところじゃない・・・。
体力も無い方だし。
実はかなり危ないめにも遭ってます。

経験豊かなパーティリーダーがいないことが、これほどまでに大変だったとは・・・、ひどく反省しています。

しかし、それでもそrを乗り越えて得られた経験と景観はたいへん素晴らしいものがありました。

堂倉滝~粟谷小屋までの難所は、シシ神の森を縦走していたような心地すらしたし
崩落地では自分の体の倍はあろうかという岩ばかりに囲まれる圧巻の光景
シシ淵は、自然はかくも綺麗なものを生み出すのだという感動

これらは決して写真や映像では味わうことができない貴重な体験でした。


大杉谷、とても素晴らしいところです。
日本三大渓谷の名は伊達ではありませんでした。

アクセスが非常に悪い点と、屋久島を除き?日本で一番雨が降る地という厳しい気象条件などもありますが
(どうせ雨降るから天気は強風とか以外関係ないような・・・)
ある程度登山の経験があり体力に自信がある方は是非この素晴らしい大自然を感じに行ってみてください。


なお、道中民営の山小屋が2つあり、とても親切な方々が運営なさっています。
避難小屋もありますが、是非ご活用ください。

その節は大変お世話になりました!


と、ここらでざっと大杉谷道中記を終えます。


↓↓↓撮れなかった名所を余所様の写真を借りて紹介↓↓↓
シシ淵
ohsugi_2012_4.jpg

崩落地
AS20140508002818_commL.jpg

cqpQ7C0X.jpg





おまけ

なんか鉄ちゃんRPしてみたシリーズ

送信者 大杉谷 道中記用


送信者 大杉谷 道中記用


送信者 大杉谷 道中記用


うん、帰りののぞみは撮り忘れた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Template: pink2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © オレアノ All Rights Reserved.