オレアノなブログ

オレアノの趣味の雑記です。写真・植物・オーディオ・トレッキングなど

2016年 紅葉とその周辺

2016 11/29
カメラ関連
flckrに今年の紅葉写真をまとめたアルバムを作成しました。

2016年 紅葉とその周辺

金峰山・瑞牆山・新宿御苑・狭山公園・昭和記念公園の周辺、 などで撮影しました。

紅葉はわかりやすい被写体が多いから撮影欲を掻き立てられます。
スポンサーサイト

2016年11月21日 狭山公園 紅葉撮影

2016 11/22
カメラ関連
狭山公園で紅葉撮影してきました。

2016年11月21日 狭山公園

二台体制の初陣となった今回。
片方をマクロ専用機みたいに使えていろいろと撮りやすかった。
ちょっと費用はかかったけど、画角さえ問題なければいい感じになりそう。

記録用の山岳写真を作品寄りに現像してみる

2016 11/13
カメラ関連
なるべく見た時を思い出せるようにレタッチしようというスタンスだったのが
どんどん作品寄りの現像になってきてるオレアノです。

今回は思い切って完全に作品として仕上げてみました。

_DSC2004

IMG_1524

IMG_2416

私の感覚では、かなりウケ狙い感がするけど
とっても反応が良いです。

褒めて貰えると嬉しくなるから、なんかもうこういうのでいいかなって思ちゃうかも?

サブカメラ購入! D7200

2016 11/12
カメラ関連
サブカメラ買いました!

ゲットしたのはメインと同じくニコンのAPS-C中級機D7200
お値段もかなりいい感じになっていてつい・・・。

この間の入間航空祭ではメインのD810+70-200だけでは結構辛かった。

とはいえ鉄の鳥はそんなに撮らないので巨砲の200-500は出番が少なそうで
真っ先に考えたのは70-300の追加。
これがあればトリミングして400mm相当にはなるかなと

ただ、このあたりのレンズはいまいち魅力的なレンズが無い。
タムロンのお安くて評判がいいA005はアリかなと思ったけど、魅力的な作例に出会えなかった。

そこで二つ目に思い付いたのが、APS-Cフォーマットで換算焦点距離を延ばすこと。
実際は画角だけというのはわかっているけど、別にいいのです。

今回トリミング対応した分くらいはそれで稼げるし、必要ならば24MP機だから、ここからトリミングできるし。
なにより、ガチの撮影会の時、カメラが2台あるとすごい嬉しいから。
70-200mmのレンズ交換は正直つらかった。

これでサブのD7200に70-200をつけっぱにして
メインのD810でレンズ交換がスピーディーにできる!

問題は持ち運び。
流石に機材が増えてきたので、
見た目ダサいけど、ロープロのfripside400AWをぽちりました。

名前からして縁があるとしか思えないしね(

いよいよガチ勢化してきたオレアノですが、熱中出来てればよし!

2016年11月03日 入間航空祭

2016 11/05
カメラ関連
先日、カメラ仲間のフレさんと入間基地の航空祭に行ってきました。

2016年11月03日 入間航空祭

正直このイベントは参加者さんのマナーが悪くて敬遠しがちだったのだけど
せっかく誘って頂いたので数年ぶりに行くことに。

当日は天気予報とはうって変わって快晴!
青い空に、白い雲。
ブルーインパルスがよく映えそうでした。


今回は場所取りは頑張らずにイベントの頭から参加する感じで行って
ブルーインパルスまで、慣れない動体撮影の確認を・・・。

メインのブルーインパルスの曲芸飛行は圧巻で最後間で天気にも恵まれたおかげで
大満喫できました。

撮影の方はというと、肝心なタイミングで逃したり失敗したりで、自分の動体撮影能力の低さが浮き彫りに。
レンズも70-200mmだったので基本的にトリミング対応しました。
こういう時用に、暗くても長いレンズが一本欲しい・・・。

あまり撮らない被写体だけに、自分の知らないカメラの楽しさを再発見できた一日でした。

2016年10月29-30日 金峰山~瑞牆山

2016 11/05
山登り
少し前に、金峰山、瑞牆山を1泊で縦走してきました。

2016年10月29-30日金峰山-瑞牆山

山行記録

比較的アクセスのよい百名山を登っていく企画を始めました!
手始めに前から行きたかった瑞牆山と金峰山を一気に2座登ってくることに。

どちらも百名山の名にふさわしいとっても素晴らしい山でした。

が・・・・、とにかくアクセスがつらい。
延々と電車に揺られた後、さらにバスで1時間20分ほど・・・。
瑞牆山荘から登り始めて、金峰山に登頂し、金峰山小屋で一泊。

金峰山の頂上付近は岩稜帯で、切り立っていてスリリング! かつ素晴らしい観望で感動しきりでした。

頂上付近までは素晴らしい天気だったものの、頂上についてしばらくしたらガスってきてしまい
さらにはツアーの団体さんも来るわで頂上ではあまり楽しめなかった。

この時期は日の入りも早いので早々に小屋に向かうことに。
女性オンリーのツアー団体が来ているのを意識してか、晩御飯はすっごい洒落たメニューで
恵比寿のランチでありそうな洒落たプレートで、メロンに白ワインまでついくるという素敵仕様!!

その後、消灯が21時と遅めなのでビールを飲んだりしてゆっくりしました。
残念ながら外はガスってしまいお星さまはお隠れでした。

翌朝は4時起床で5時から朝ごはん。
朝ごはんは昨日のディナーが嘘のように、おかゆに乾物のみのさっぱり系。
これはお腹減る><。

団体さんが多かったので、自分が一人客ということもあり、朝食の時間をずらしてもらって早立ちできました。

朝日を頂上で見るか迷ったけど、二日目はバリエーションルートを踏もうと思っていたので時間に余裕をもたせたく
そのまま瑞牆山方面のバリエーションルートに突入。

踏み跡もかすかな道を、マーカーを頼りに進む。
途中、大杉谷レベルの箇所も出てきて流石は破線ルートと思わせるところもあり、とても楽しめました。

苔が生い茂る樹林帯は神秘的で瑞牆―金峰を縦走するのであれば是非通る価値があると思う。
ただ、とにかく道に迷いやすいのでマーカーが頻繁にあったのには感謝でした。

瑞牆山への一般登山道と合流すると、本格的な登りに。
金峰山は高所の岩稜だったけど、こっちは山の中の岩登りといった感じで
体力はむしろこっちのが奪われる感じ。

瑞牆山山頂は、たくさんの人でにぎわっていて
八ヶ岳や富士山がはっきりと見えて素晴らしい景色でした。

ここでなんだかんだ1時間ぐらいゆっくりしてしまったせいで
帰りのバスが中途半端な感じ・・・。
でも一本早いのに乗れるかなという計算をして、爆速で下ってバスに飛び乗ることに。

二日目は7時間のコースタイムのところを休憩除いて5時間で走破!!
途中朝ごはん(おなかすいて食べなおした)やお昼ご飯、写真撮影などで2時間くらい休憩はとっているものの
かなりのコースタイム切りをしたことになった。
登り返しでもコースタイム切っていたところをみると、ペースさえ掴めば結構いい歩き方が出来ていたように思う。


瑞牆山荘付近は紅葉も綺麗で、大満足の山行となりました。

Template: pink2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © オレアノ All Rights Reserved.