オレアノなブログ

オレアノの趣味の雑記です。写真・植物・オーディオ・トレッキングなど

先日の丹沢表尾根縦走の備忘録

2014 09/29
山登り
ざっと流れを記録として残したけど、気になった点やらを少し残しておこうと思う。

9月下旬、二日前に雨からの晴れ続きで当時tも晴れ
この条件で、蛭はヤビツ峠―塔ノ岳―大倉で見かけなかった。

無駄に登山靴やタイツに塩をすり込んできた意味はまったく無かった^-^


次に前回、大杉谷で靴擦れしてしまった点に対する対策として取ったスマートウールのソックス

効果は、、、あったけど、やっぱり歩き方と靴の問題のようだ。
右足のかかと部分、同じ個所が行きの途中で痛くなってきた。

逆に下りではつま先着地が多いのでほとんどかかとは気にならなくなって、つま先の方がむくんだせいか
圧迫感が強かった。

帰りの電車で、痛かったのは両足のつま先部分。やっぱり側圧が強すぎるのかもしれない。
帰って確認すると、右足かかとの皮はやっぱりはがれていて、右親指はなんとかはがれない程度だった
左足は問題なかった。


次に、アウターにしたレインコートについて
やっぱり半袖Tの直上だと汗がすんごい。
いくらゴアテックスとはいえ、撥水しきれないし、着心地も悪かった。

三脚重い、持ってかなくていい・・・。

非常食のアメとチョコが毎回9割8分余る。仕方ないと思う。

水に関しては、営業小屋があった為、何の心配もしなくて済んだし、むしろガブ飲みした。
持参は1.5Lだったが、恐らく営業小屋で買わなくても足りたように思う。

山頂は寒い。今度はストーブを持って行って、暖かいものをウマウマしよう。そうしよう。

いい加減時計買おう。

救急セットの中に湿布を入れるようにしよう。
スポンサーサイト

2014/09/27 丹沢表尾根縦走

2014 09/28
山登り
2014/10-11一部レタッチし直しました。

沢の表尾根縦走に行ってきました!

始発で新宿に出て、小田急線で秦野駅へ約1時間20分弱程度
送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根

駅からヤビツ峠までバスで50分弱くらい

ヤビツ峠に着いたのは8時くらいでした。
送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根

皆さん早々に準備して出立なされていましたが、オレアノはどこでもご飯を食べる遑が無く
ヤビツ峠で冷たい風にさらされながらモグモグしていました。

ご飯食べて、装備準備してトイレ行ってとのんびりしてたら、随分時間をロスしてしまった・・・。
送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根

うむj、さすが初心者! ぬかりが無い

やっとこさヤビツ峠を出発! 時間は8:40くらい
登山口まではアスファルトの道を進み、やる気満々で先の方々を抜いて行ったのだけど
送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根
登山口に入ると、いきなり急な登山道・・・。整備がきちんとされてるから木の階段ばっかり・・・

オレアノ、木の階段や木道が大っ嫌いです><。
すごい疲れる・・・・。
いきなり萎え~る、がごとく再度他の方々に抜かれていくj。

ここで思い知ったのが、丹沢は人気あり過ぎて、人が大杉です。
バスも満員だったけど、これほどとは・・・。

前にも後ろにも、人! 人! 人!!
自分のペースで歩けない・・・。(そもそもペースがすごい遅いのです)

なんだか、登り始めて1時間も経たないうちに激萎えして、最初の目的地の二の塔にたどりつく前に
引き返そうかという魔の囁きが・・・。
実際ネットでバス時刻表見て、もうバスがない事に気づいて諦めたのだけどw

ことごとく抜かれに抜かれて行き、二の塔に辿り着いた頃には、だいぶ人っ気がなくなって
やっと”私の山”になってきました。
送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根

富士山はけーん!

流石に疲れたので、長めに休憩

三の塔はすぐでした。
烏尾山→行者岳→新大日山荘→と、ここらへんは比較的傾斜もなだらかですいすい進めた

送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根

クサリ場での行列なんかもあったり

送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根

木の階段キライ><

送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


木乃又大日までくれば、目的地の塔ノ岳まではあと少し

しかし、ここらへんから右足の膝に異変が!
かなりピッチが遅かったのを取り返そうと急いでいたせいかもしれない;へ;

痛いのをかばうように、ノロノロと前へ・・・、そうこうしてようやく塔ノ岳に登頂!
送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


もう時間は14:15分くらい・・・。


そして気が付けば、辺りはガスだらけ><。
送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


途中まで暑すぎるってほど晴れていたのに・・・・。

強い風が、火照った体に心地いい・・・というのは最初だけでガクブルw
ここまでの装備は、速乾性のスウェットTシャツ(比較的網目の大きい少し厚めのやつ)
の上に直でレインコート(モンベルのストームクルーザー)
ボトムスは、サポートタイツ(C3fitのパフォーマンス)の
の上にノースフェイスのバーブコンバーチブル
これにハットと薄手のグローブとスマートウールのソックス

送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根


これで、尾根道はちょっと寒い時もあったけど
息を切らせるくらいの時は丁度良かった。
けど、結局汗いっぱいかいてて、山頂での汗冷えは結構寒かった;

隣のカップルが、ストーブでお湯を沸かしてカップ麺やらスープを飲んでるのを見てると
私もストーブ買ってくるんだった・・と少し後悔。
どうせなら、そのガスで爆発しちゃえばいいのにね。(不謹慎だけど妄想の中ならいいよね?


長い事休みを取って、出発! (15:10頃
結局膝の痛みは治らず、まともに下れないことに気付く。
後で調べて当たりを付けたのは、腸脛靭帯炎
まだ病院行ってないから多分だけど、、、

ランナーさんたちがよくなってしまうという、俗にランナー膝といわれるやつらしい。
うん、膝を曲げるとと痛いのだ!

右足を延ばしたままとか、ストックに体重をかけてとかいろいろ試したけど、、、ろくなペースがでない・・。

送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根



とはいえ、景色が綺麗なら楽しむ余裕はまだあった

送信者 2014年9月27日 丹沢表尾根



この大倉へのコースは、バカ尾根と呼ばれる、短いんだけど急な坂道が続くという場所。
段差痛いんだよ!w

普通なら2時間~2時間半見れば大倉まで下れるところだが、この足ではそうもいかない・・・。
15時過ぎに山頂を出たから、逆算して約3時間半見ても18時は過ぎてしまう・・・・。
日没はこの時期の丹沢では17時半過ぎくらい
これは明らかに日没に間に合わない。

だからといって、急いで怪我を悪化させたり、さらに酷い怪我を負っては単独行動では致命的なことになりかねない。
ここは焦らずゆっくり行こうと決意。
大倉の最終バスは20:30過ぎまであると調べて、急ぐ気持ちを落ち着かせる。

完全に辺りが真っ暗でヘッドライトが無いとどうしようもなくなったのが見晴らし茶屋
持ってきたのは、基本的には夜行を前提としてないモデルだったけれど、意外と歩くのに十分な明るさだったのが助かった。

結局大倉のバス停に着いたのは19:115分頃
無事に辿り着けた勝利の美酒をファンタグレープで味わい、バスの乗り込みました。


足さえ痛めなければ、15時過ぎ山頂発でも十分日没前に戻れたはずなので
かなり遅いペースとはいえ、問題なかったはずでした。

しかし、、やはり私の体力的に?歩き方の問題で?丹沢縦走は早かったのかもしれません・・・・。
塔ノ岳山頂の時点で、痛めた足をかばっていたせいもあって、両足とも膝が笑っていたし
ストックも初体験ということで疲れるばっかりでどこまで役に立っていたのか・・。
痛めた後は、かなりありがたかったけれども。

天候にも比較的恵まれて、山頂ではガスが多かったものの、登行中の尾根歩きの時などは
丹沢山塊の景観を存分に味わうことができました。

今回の山登りは帰りが苦行だったけれど、行きや景色の満足度は非常に高かったです。
ヤビツ峠―塔ノ岳 の間は少し整備され過ぎている感はありました。
木道やだよぅ。

これで少し懲りてもう少し登山計画を見直してみようと思います。

トレッキングウェアをポチりました。

2014 09/23
山登り
結局、私の趣味費は登山用品に費やされたようです。
さようならレンズ・・・また会う日まで・・・。(わりとすぐ再会しそう


ということで装備整えましたよ!

プランとしては、3シーズン戦えるもの。
安全は金で買えって、偉い人のブログで書いてあったから買った。後悔はしていない(責任の押し付け


今回購入した商品はこちら!



ノースフェースのバーブコンバーチブルパンツ!

何度もスポーツ用品店に通い詰めて、初めはどのパンツも同じに見えたけど、すこしづつ目が慣れてきてくると
自分がこだわりたい点が見えてきたのだ。

・ストレッチ性 高低差のある岩場や根っこを登る時、動きづらかったことがあった。
・ポケットにジッパー 落し物したくないし
・裾が絞れる 蛭避けになる?かもしれないし、寒い場所ではこれ大事だと思う
・膝らへんにジッパー式の空気穴 夏や暑い時の温度調整が出来るのはデカイと思う
・コンバーチブル 夏まで使えばコスト削減になる。秋でも使える生地が厚めなので厳しいかもしれないけど

と、挙げてみたら、多機能アイテムになってた^q

でこれらを満たすのは、どうあがいても1万以上するタイプのみしかなく・・

仕方なく、ここは楽天スーパーセールの力を借りて
定価15k 実売13~14kのアイテムを10kちょい送料込みでポチった

タイミングがよくないとセール品ってサイズがないし、そもそもせいーる品だって
なんだかんだ7~8kはするから、差額2~3kなら気に入ったものを買おうと思った。
長く使えるものだしね


そして、
私の趣味費はまだまだ終了してないじぇー!



ベースレイヤーをポチっとな

パタゴニアのキャプリーン2
非常に評判が良いようなので、これに。
肌着なんて見た目関係ないし、モンベルのLWがコスパいいかな?と思ったけど
汗っかきな私には防菌性に定評のあるキャプリーンにした。たけーけど!w
わりと普段着のインナーとして見れるレベルデザインだと思うので、そう考えれば値段も多少目を瞑れるか

汎用性を考えて厚さは2に決定。


そして、一番効果を期待しているのが



スマートウールのソックス!

たっかっ。ソックスに2k強とか、どうなってるの!
しかし、前回の大杉谷で、靴ズレで親指とかかとの皮がはがれて痛い思いをしたので
ここは一度お金をかけてみようと思う。
とても評判が良いので、期待。


と、当初の予算はだいたいこれで使いきってしまった。
あとユニクロのフリースを2kくらいで中間着用として買えば、一通りそろう感じである。

うむ、今回の大杉谷への準備と合わせると、なかなかの額を費やしてしまった。

しかし、長く使えるものばかりだし、気が向いたらトレッキングにいく準備が出来たというのは好きかなっ


来週か再来週あたり、丹沢表尾根縦走へ行ってきたい。
紅葉登山も行きたいが、それまで待てんっ

登山初心者が装備を揃えるのに迷走する記事

2014 09/21
山登り
インドアを素でいくオレアノですが、最近なんちゃって登山に興味が出始めてる今日この頃です。
べ、別にヤマノススメの影響とかじゃないヨ?

人間体力だ、と散々親から言われてきたけど、無いもんは仕方ない。

所詮基礎体力なんて、辿ってきた人生にある程度比例するもので、いきなり上げることなんてできないわけだし
(この筋トレとか体力作りをはなから諦めてるあたり、スーパーインドアマンである)

体力がないならないなりにアウトドアを楽しめばいいじゃない

別にエベレストに上るわけじゃあるまいし
とかいいつつ、縦走?なにそれおいしいのー、とか前まで思ってたのに

はい、すごくおいしそうです><。
いいなぁ縦走、私の体力で出来るのかなぁ。

今の目標は、日本アルプスの稜線で愛を叫ぶパノラマ景色をカメラに収めることです。

寒そうだけどww


さて、やりたいのは分かった、ならば装備DA!

オレアノさん、趣味を始めるときに装備を揃えるのが好きです。
初期投資額が大きいと自他共に認める感じですが、だってそのジャンルで楽しい経験したいんだもの。


さて、ここで問題

昨今カメラだのレンズだのほしーとか寝言をのたまってるオレアノ公
明らかに金欠です。いや使ってないけど・・・

カメラ機材30万使いたいとか寝言いってるさなか、トレッキングアイテムでもまた金を飛ばすというのかっ

これはまずいデース

とはいえ、さすがにこの間行った大杉谷や、猛暑の高尾山で散々痛い目に遭ったので
さすがに少し揃えないと今後もまたひどい目にあってしまうであろうことは確かなので、少し揃えようと思うのです




高いっ、たかすぎいぃぃぃいい--------る!
ぐぬぬぬーーーっ

化繊のチェックシャツ一枚12kとかぼったくりってレベルじゃねーぞ


いろいろじょーほーしゅーしゅーをした結果、基本的な構成は

・ベースレイヤー
いわゆる下着。吸水性・速乾性に優れるものがよいらしい。
汗っかきでくさーい経験したので少しお金だしてあげてもいいんだからねっって、思わなくもない

・ミドルレイヤー
とりあえず横文字にしとけば売れると思いやがって。とか思っていませn
体温調整をする、保温ゾーン。コットンを避ければなんでもいいじゃね?とか思わなくもないが
コットン大好きオレアノさんは、コットン以外の服を持っていないのでーーーす^-^
ここはコスパを取りたい。パタゴニアR1とかよさげだけど、ユニクロのフリースとダウンジャケットを持っていくくらいかな?

・アウター
種類多いよ。いい加減にしてよ。ってことで、これ以上お金は出せんぞ!
ここは我慢してレインコートを代用しようと思う。シャカシャカうるさいのは、仕方ないか・・・。
ソフトシェルを別途購入すると幸せになれるかもしれないが、お高いデーース

・ボトムス
相変わらずコットン大好きオレアノさん、化繊素材など持っておらんわ!
ジャージ?ジャージも安定の綿混でーす。コットン大好きなめんなよ!
これは買わざるを得ない;へ;


うむ、自分がいかにスポーツやらアウトドアやらに着る服を持っていないかが露呈しました。

使いまわせそうなのは、ユニクロのダウンジャケットくらい・・・。
これはどういうことなの!


仕方ない、ここは沼津湾ほども広い心の持ち主である私オレアノが、日本の景気に貢献する時のようである。

とりあえず最低限必要なのは
・化繊のボトムス 3シーズンいけそうなのを選びたい
・ベースレイヤー 抗菌性能のあるやつ。 くさいのやーだー
・ミッドレイヤー ユニクロのフリースを保温用に購入かな? 頑張ってR1まで手を出しても?


ぬぅ、なかなかお金かかりやがるです。
多趣味人なめんな! レンズほしいよぅ、ジタバタ

とりあえず2万くらい予算組めばいけるかな?
2万あれば、EF-S 10-18mmがEF-S 10-22mmになるのに・・・(発想が終わってる


リーズナブルにトレッキングウェアそろえるのどうしたらいいのー
モンベルはダサいよぅ・・・(しかし、レインコートはストームクルーザーである)

教えて偉い人!

スナップっ 近所の公園

2014 09/14
カメラ関連
またまた近場撮り

何故かいっつも夕方な不思議



送信者 スナップ




送信者 スナップ



送信者 スナップ

明るい方へ

送信者 スナップ


送信者 スナップ

新しいレンズでスナップ撮影

2014 09/13
カメラ関連
どこか撮影におでかけしたいけど、体調不良により自粛して近場でスナップ撮ってきまいた。


夕方近かったけど、天使の梯子がかかっていたのでパシャリ
送信者 スナップ

シグマ 30mm F8.0 SS1/800

なんでupするとこんな画像汚いの;へ; 階調崩れまくりだ・・・。
jpegになってるけど、DLしてみればかなりマシになるはず、いう程綺麗じゃないけど(==

送信者 スナップ

シグマ 30mm F2.5 SS1/1000

F1.4のレンズの弊害か・・、NDフィルターが要るなぁ。

植物育成記 :2014/9/10 アンブリッジローズ開花

2014 09/10
植物育成記
植物育成期というより、ただ新しいレンズを試したかっただけ感が・・・。

ともかく、ことしの秋開花のアンブリッジローズです。
最近全然薔薇撮ってなかった><。


送信者 植物育成記


綺麗に咲いてくれましたー。

写真的には、無理に新しいレンズの特徴である解放を使おうとして失敗した例・・・。
もう少し絞って、花びらの奥までピン合わせても良かったはず。
そうすれば奥の蕾ももうちょいディテール出るし。

特に曇天の時なんか、無理に解放で使わなくていいのかなーって、前回撮影時にも思ったのに!w

手持ちのカメラ機材と、これから欲しい機材のお話し

2014 09/10
カメラ関連
カメラはお金かかるから! 自重しながら、、、進めぇーーーーーー!!


早くもフル機には行かない宣言が危ういオレアノです。

大丈夫、まだまだ初心者の私には2年早いはずだ。、、、、はず、、、だ。


とりあえず、手持ち機材をば

ボディ :Canon EOS kiss x4
レンズ 
Canon EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS キットレンズ
Canon EF-S 55-250mm F4-5.6IS キットレンズ
Sigma 30mm F1.4 DC HSM
アクセサリー
保護フィルターx2
PLフィルター
ソフトフィルター
予備バッテリーx3
レリーズ
三脚 ベルボン UT-43Q


うん、機材だけで初心者感と、何が撮りたいんです感が伝わってきますね。

はい、元々星景写真を撮るのが好きでした。
しかし、今回シグマの単焦点を買ったので、積極的にそれっぽい写真なんか撮れるようになりたいなーと

現状の機材での不満点は

①高感度耐性が低すぎてISO1600が使えない。800のノイズが気になる。
②キットレンズより広角で山の景色などをダイナミックに撮りたい。
③ズームレンズが暗い。広角側で景色を撮る時に暗いと厳しい。
④kissだとお店でお話する時、ちょっと恥ずかしい・・・。
⑤マクロレンズもちょっと気になる

重要度的には
①≧②>>③>>>>④≧⑤

①④の解決にはボディの変更しかなくて
②③の解決には超広角のズームレンズの導入
⑤はマクロレンズ


だいたいカメラ機材のだいたいほとんどじゃないか!w
そんなこと言ったら、残りの望遠ズームだって欲しいよ!バレーボールとか撮りたい(難易度激高だけど


ふむ、、、やはりカメラはお金がかかるでござる

しかし、絵に描いた餅は食べれずとも、描くのは自由である。


ということで、ここからは今オレアノが買いたいなー、とポチるのを必死に我慢しているアイテムを列挙して
購入後の言い訳みたいなのを先に出しておくコーナー

まずは

ボディ編

EOS 5DmkIII ¥328,000-


高いです。どう考えても予算オーバー
それにそろそろ後継機も?
今フル機で一番アツそうなのがこれ
さすがに無理です。


とうことで、現実的な本命はこちら
EOS 70D ¥126,320-


APS-C機の中堅モデル
2ダイヤルと、液晶が動く。設定表示のディスプレイがある。
しかし、なにやら今月7Dmk2が出るとかなんとか
フラグシップモデルは正直高いので候補にならなそうだけど


とはいえ、さすがに13万は中々である。安いのにすればレンズが1使える(

ということで、妥協するパターン
EOS kiss x7i ¥76,499-


うむ、お安い!
そして、なんという軽さ。おもちゃ過ぎる・・・。この安っぽさが堪らない!
写り自体は70Dとさほど変わらないということでAF性能と操作性、それに対して軽さ+安さのトレードオフ

しかし、またkissか・・・。流石にこれからレンズを買い足していくならkissは卒業したい。
めっちゃバランス悪いし。
タッチ操作で多少マシにはなってるものの、やっぱり設定変更がメンドイのがネック。


ボディは消耗品っていう言葉を聴くと、高いの買ってもなぁ、って思ちゃうけどできれば予算を確保してkissを卒業したいところ

レンズ編

今一番欲しいのはこれ

Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

純正なのに爆安! ちょっと暗いけどかなり光学性能は良いらしい
DLOにまだ対応してない点が残念だけど、きっとそのうちしてくれるはずっ

うむ、やはり超広角レンズが欲しい。

次はこれ

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM  ¥75,551-


標準ズームレンズだけど、F1.8通しである。

圧倒的じゃないですかーーー!

しかし、大口径ズームということで、重い。
だがそこに痺れる、憧れる―!!
買ってない時は好きなだけ言えるのである。


最後はこれ

TAMRON SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1  :¥37,648-


タムロン製のマクロレンズ。
なんか評判よさげ(適当)


と、そこそこ自重しながら欲求をある程度満たせそうなレンズやボディを見繕ったらこんな感じに。

一通り買ったら30万逝く・・・・。さすがに逝っちゃう・・・・。

別に大三元ツモろうなんって言ってるわけじゃないのに、お高すぎでしょ!

べ、別にLレンズとか憧れないですし?


少しづつ買いそろえていきたいなー
でも広角ズームはすぐ買いそう。

EF-S 10-18mmどこも在庫ないけど;へ;

sigma 30mm F1.4とキットレンズ18-55mm の比較

2014 09/07
カメラ関連
せkっかくの週末なのに曇天で撮りに行けなかったので、家の薔薇の蕾を撮ってみた。
昔の写真との比較!


Sigma 30mm F1.4 絞り開放
送信者 植物育成記


キットレンズ 18-55mm テレ端55mmで絞りF5.6
送信者 植物育成記



30mm の方は、やっぱり最短撮影距離の都合で、あまりアップにできなかった。
やっぱりズームレンズの強みはある。
でも、曇天にも関わらず、30mmの方はボケのところに良い感じの丸いフレアっぽいボケがっ

これがしたかった!
こんなひどい絵でも、その片鱗が見えた!

後ろに反射してるような箇所があるところを撮ったらどんなに綺麗に写るのか楽しみだ。

カメラ趣味の世界にもう一歩踏み込んてみた感想

2014 09/07
カメラ関連
canonのEOS kiss x4を買ってから、かれこれ5年くらい経ちました。

ある程度本格的に取り組んだのは星景写真くらいなもんで、ポートレートやマクロ撮影などは正直あまり興味が無く
比較的好きな広角側の撮影にしたって、キットレンズを使用したものだから、失敗も多かった。


そんな中、ちょっと気まぐれに今回レンズをポチりもう一歩カメラの世界に踏み込んでみようと思った。
前々から明るいレンズは欲しいとは感じていたけど、そこまで必要性に迫られることも少なく
写真もほとんど記録として残ればいいやレベルに思ってたから、自分の写真がいかにろくに撮れていなかったか
なんて、思いもしなかった。

でも今回、勢いに任せたようなところはあったけれど、再三買いたいという衝動だけで行動に起こさなかった
交換レンズの購入に踏み切ってみたら、いろいろ調べだしたりしてまた新しいカメラの世界が見えました。


写真ってすんごく手軽になったけど、やっぱり奥が深い・・・。

カメラ難しいよ!

それが楽しくもあるんだけど

エントリー機は連写性能が低いし、キットレンズは暗い
暗いと必然的に長めのシャッター速度を撮る必要があって、でも手持ちだとそうもいかずISO感度をあげる
しかし夕暮れや曇天なんかだとノイズが出やすいから、少し前のエントリー機じゃ高感度耐性も低く、荒くなってしまう。
だとやっぱり三脚が要るわけで、しかし機動性が・・・。


だからこそ、カメラは撮りやすいものを買うべきなんだって、身につまされました。
今まで、中級機とエントリーモデルの値段の違いが、少しあり過ぎじゃない?って思ってたけど

確かに"画質"が同じでも、操作性の違いや高感度耐性の高さによる立ち回りの良さは、構図と露出の決定の柔軟性に直結するんだって感じた

さらに上位機種になると、お値段も重量も爆発するけど、明るいレンズの存在と更なる高感度耐性という絶対的な優位性は
少しカメラの世界が見えたからこそ一層強く感じる、羨ましいと・・・・。


そもそもkiss x4を買った頃とか、ついこの間まで上位機種の強みは画質が良いだけだと思っていた。
(もちろん操作性など玄人好みの扱いやすさはあるんだろうとは思ってたけど)

でも、そんなレベルじゃなかった。
曇天、暗所での高感度使用、明るいレンズ、フルサイズセンサー
それらはすべて厳しい条件下でも撮りたい写真を撮る手助けになるし
そもそもそれがないと撮れない絵になってしまうことだって多々ある。


今回登山中、夕方頃に暗い谷を歩いてた時、いい感じの雰囲気があって写真を撮ろうとしたのだけど
Kiss x4のISO800では、明るいレンズを付けていたにも関わらず手持ち撮影することが出来なかった。

ああ、これがkiss x4の限界なのかと、突きつけられた瞬間だった。

あれがx7や70Dだったら、ISO1600や3200で撮れていたに違いない。
いや、そもそもx4でも何度も何度も撮れば、ブレが気にならない写真は撮れていたのかもしれないけど

同行者がいる山道の途中でそんなこと出来る訳ない。


カメラに限っては、"弘法筆を選ばず"は無いんだと悟った。
詳しい人こそ、柔軟性の大切さを知っているだろうから、良い装備を求めているんだ。


って、ことで、上位機種が羨ましいです。
ただ、費用帯コスト、カメラという趣味に対する私のスタンスでフルサイズ機は
交換レンズの価格等考慮して、アウトです。

だーかーらーーーー、EOS 70Dが欲しいです^-^


好感度撮影がx4だときつすぎるんで、さすがにボディを買い換えたい。
欲を言えば明るい広角レンズがあるフル機が欲しいけど、交換レンズが高すぎて、本体を頑張ってもそうそうレンズを追加できない。

しかし、お高いなぁ。

動画性能捨てていいから、もっとお安くして欲しい・・・。
ちょっとボディに関しては考え中です。

少なくとも、これから交換レンズの買い足しに、超広角、マクロは十中八九買うだろうから
やっぱりコストが・・・・。


やっぱりカメラはお金がかかる><。

2014年9月6日 高尾山 

2014 09/06
山登り
この間高尾山は行ったばかりだけど、また行ってきました。

今回は会社の同僚と、ヤマノススメを通じてt高尾山が話題になり足を運んだ次第です。

いやぁ~、アニメって本当にいいものですねぇ~


行きは1号路からの分岐4号路
つり橋を渡るコースで、帰りは6号路

と、聖地巡礼しつつ、途中でちょっと山道っぽい方へ折れた感じ


あまり登山をしない人だったけど、田舎育ちで山に山菜を取りに行っていたということで
けっこう健脚なようでした。

というか、暑くて行きは私がバテバテでしたOrz

昼間は晴れていたのだけど、山頂付近では雲行きが怪しくなり、見晴らしはイマイチ
帰り途中から雨に降られて、帰りの電車は寒かったですガクガク


デジカメは持っていったんだけど、買ったばかりの単焦点30mmしか持ち出さなかった為
広角が撮れずほとんど撮りませんでした。

というか山の曇天の日陰とか暗過ぎ・・・。F1.4でも手持ち無理だった;へ;


これで高尾山は、1、4、6、稲木山コースを歩いたことに。
だいたい麓から山頂へのルートは網羅したことに。あとは分岐と周遊コースだけ。

わりと狭い山だからあっさり。

それでも汗ダクだったけど!


しかし、今回も自分の足の遅さに気づかされててしまった。。

私のペースでは遅すぎるのか;へ;
体力ないもん!><!

コンデジ買おうと思ったらレンズ買ってた不思議について

2014 09/03
カメラ関連
登山に一眼持って行って大変な思いをしたのでサブ機としてコンデジを買おうと思いました。


そしたら、何故か数分前に一眼用のレンズを購入してました。

あら、不思議!

いつの間にかカートの中に入っていたブツはこちら



シグマ製の30mm F1.4


ぶっちゃけ写真とか旅行の時の想いでの記録撮影とか思っている私ですが
記録だって綺麗な方がいいじゃない

APS-C機の30mmは35mm換算でだいたい45mm。まさに王道の標準レンズ


しかし、このレンズ。解放ではこれでもかという程にやわらかく綺麗なボケ味を出してくれる。
そのスナップをいくつか見てるうちに、気が付いたらカートに入っていた。

当然F1.4ということは暗所や悪天候にも強いわけで、いざという時にも活躍してくれるはず。

シグマの広角ズームレンズとも迷ったが、持ち回しのし易さを取った。
万能ズームなら別途タムロンをいつか購入しそうな気がするし。


まずは王道の画角でカメラを嗜むのも一興かなと思うのです。

なんだかんだ、デジイチを手にしてから年月は経ってはいるものの
見返すと赤面するような写真ばかりでろくに撮れていない。

しかもレタッチも撮影も、未熟なところが最近自分でも気づいたりして

あー、カメラの世界って広いんだなぁ、なんて思うのです。
そんな中、キャノンのまき餌レンズの存在を知り・・・、危うくキャノンの策略にはまりそうになりつつの

回避しーの、からの、何故か罠を一足飛びして30mm買ってる私ガイル。


ってかまき餌レンズも、パンケーキレンズも、どっちもそのうち買いそうで怖いwww

これがレンズ沼かっ、、、恐ろしい子!!

もうすでに欲しいレンズいっぱいあるし。
全部買ったら50万とか逝きそうw

どこかで線引きしないとねw
オーディオ同様、カメラも恐ろしい世界だ。

ボディも変えたいしね・・・。
とりあえずフル機には行かないという誓いを今日立てました。

だって私、箸より重たいの持てないですしおすし


早くレンズ届かないかなぁ♪

ルンルンなオレアノさんでしたー

Template: pink2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © オレアノ All Rights Reserved.