オレアノなブログ

オレアノの趣味の雑記です。写真・植物・オーディオ・トレッキングなど

 次のページ »

2017年06月10日 蓼科山

2017 06/11
山登り
先日、東京が32℃の予報ということで避暑に蓼科山に登っていました。

2017年06月 蓼科山

標高2500mm 10℃ 風速15-20mm むしろ寒すぎた
スポンサーサイト

2017年06月03日 御岳山―大岳山―奥多摩駅縦走

2017 06/04
山登り
週末、フレさんと御岳山―奥多摩駅縦走に行ってきました。

2017年06月03日 御岳山―大岳山―奥多摩駅縦走

山行記録


超がつくド定番コースで人が多く、なんとなく避けてきたところですが
フレさんとリハビリがてらということで御岳山へ。

とても天気が良かったのもあり、やっぱり御岳山まではかなり人が多かったです。
大岳山までいけば、人気の山、程度の人数に落ち着きました。

とても歩きやすく危険個所はないものの、鋸山までいくと岩も多く
歩きなれていないと大変かもしれません。

3か月ぶりの登山で、かなり余裕のある行程にもかかわらず、なんだかとっても疲れました。
暑さにやられたのも大きいかも。
そろそろ低山は厳しくなってきそうです。

2017年03月18日 両神山

2017 03/19
山登り
久しぶり?にぼっちで山登り行ってきました。

2017年03月18日 両神山

今回は奥秩父の盟主、両神山へ。
ここは百名山なので、また一座踏破。

今日は朝早く、5時過ぎの電車にのり西武秩父―御花畑―日向大谷と電車バスをのりついで
かれこれ家でてから4時間もかかった・・・。 遠かった。

両神山でも一番ポピュラーなコースで
元々はここから登って坂本へ下る予定だった

しかし、中腹から残雪どころか思いっきり積雪あって
しかも中々ハードな道だったこともあり、復路はピストンで取ることに。

毎年滑落や死傷者が出ている山なので、舐めてかかってはダメ
この時期にアイゼンを付けてない方がいたけど、危険すぎるので素直に引き返した方がよいです。

一般登山道の中でもかなり傾斜や鎖等の危険個所、ザレた痩せ道などが多く
非常に危ない部類の一般登山道です。
慣れている方もそうでない方も、一般登山道だからと舐めてると足元救われてしまうかも。

かくいう私も、一応軽い雪山でも進める程度の装備で来てはいたけど途中かなり集中を要した。


頂上は岩場で比較的狭く、あまり落ち着かないので少し下の社にある木のテーブルで食事を取るのがよさそうです。

八丁尾根の方が楽しいという話ですが、日向大谷ルートでも私のような中級者には変化に富んでいて楽しかった。
谷筋なので雨量が多い時はしんどいかもしれない。

途中の水場はほぼ枯れていました。


所感としては、後半比較的ハードなものの登っていて楽しいコースだったし
頂上の観望が非常に素晴らしかったので、同じルートでも別ルートでも必ずまた来る山でした。

薬師の湯は露天はないものの清潔感のある広い温泉で
休憩スペースもありゆっくりするのには十分よいところです。
帰りのバスに注意。




2017年03月04日 九鬼山

2017 03/05
山登り
昨日、サークル登山で山梨大月市の定める秀麗富嶽十二景の一つの、九鬼山付近を縦走してきました。

2017年03月04日 九鬼山

天気にも恵まれて風もそれほど強くなく、ポカポカ陽気の中の山行に。
残雪もほとんど残ってなくて、頂上では雲と同化しつつも富士山が見えた。

局所的な急登はあったものの、全体的にちょうどいい行程で帰りの温泉が気持ちよかった。

2017年02月18日 丹沢 鍋割山

2017 02/19
山登り
昨日、フレさんと丹沢の鍋割山へ登ってきました。

2017年02月18日 鍋割山

残雪は頂上付近の尾根をのぞいてなく、ぬかるんでる箇所もだいたいそこだけでした。

バカ尾根と並走しているだけあって、鍋割山への登りはかなり急で、けっこう膝にきました。
しかも二俣からボランティアで水を持っていく習慣があり
せっかくだからと2L背負ったのも大きかった気がする。

頂上で頂いた鍋焼きうどんは、具だくさんでとってもおいしかった!
無駄に塔ノ岳方面、金冷やしまで縦走して大倉尾根から降りることに。
生憎の曇り空だったけども、楽しい山登りになった。

Template: pink2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © オレアノ All Rights Reserved.