オレアノなブログ

オレアノの趣味の雑記です。写真・植物・オーディオ・トレッキングなど

 次のページ »

モンベルのシュラフ ダウンハガー800 #3 購入

2018 05/18
山登り
ずっと迷ってたシュラフ選び、ついに決着しました。

結局ド定番のモンベル#3

晩秋に困るかもしれないけど、ダウンパンツで対応しようかなと。
ULについては追々やっていこうということに。

これで一通りテント泊装備が揃った訳だけど
なんだかんだどれもULとまではいかずに防寒着多めで食料水抜いて7~8kg

全部トータル10kgになりそう
やっぱり一人で一式テント泊装備担ぐと重くなるね・・・。

これでもシュラフカバー、グラウンドシートは省いてるし
テントマットもサーマレストを半分にはしている

ザックは38Lのグレゴリーサヴァント38に入れて食料水入れても収まった。

サークル的にはもうちょっと大容量のザックにしないとだけど
どうしたものか。

サークル続けるか、ソロに戻るか
ちょっと悩むかな
スポンサーサイト

2018年3月 北八ヶ岳 北横岳

2018 03/12
山登り
今年一発目の登山にして、なんだかんだ3ヵ月ぶりの登山

スキーにばかりかまけていて、山には行けども自分の足で登っていなかった。
ということで、体重・体脂肪率は増えるは、体は鈍るわ、、、、散々なコンディションになっていた。

ので、イハビリ!

本当は本社ヶ丸に行きたかったんだけど、数か月ぶりでいきなり9hのロングトレイルは危ないと判断。
まだ積雪期ということもあり、雪山経験を積みに北横岳に決定

青春18きっぷ期間ということもあり、鈍行を乗り継いで茅野へ

北横岳ロープウェイまでの往復バス券が2200円だったかな?
茅野からバスで1h、ロープウェイはスキー客もそこそこいてとても混雑してる感じではないけど
ある程度列になってるくらいでした。

晴天、強風のコンディションで登山開始
トレースどころか、しっかり踏み固められていたので、正直経験値はほとんど溜まらなかった気がするけど
絶景を眺めながら久々の雪山景色が最高だった。

頂上は踏ん張っていないと吹き飛ばされるくらいの強風で、おそらく風速20mとかそういうレベル
よろめきながら後から来た人と交代で記念撮影をして、そそくさと退散

すぐ下の肩の位置にあるヒュッテで昼食に
最近ゆるキャンを見ているせいで、お外ごはんしたくてたまらなかった

ということで、今回はしっかり事前準備をして
キャベツ、しめじ 長ネギ 卵を準備してもってきて、袋麺!

超絶寒い中の暖かい食べ物は幸せを感じるけど、悠長にこんなことしてる方が寒いのは経験則から知ってました。
優雅な時間だったけど、実際超寒い。
誰も強風コンディションの雪山でこんなことしてる人いない・・・。

そんなことはホワイトアウト寸前の赤城山でシチュー食べた時に学んだけど
遊ばないと何しに来たのか分からない!

超絶寒かったけど楽しい食事だった

そのまま軽快に下っておわり~、のはずが途中で左膝に痛みが
短いコースで痛みでるとか、もう・・ね・・・

リハビリ頑張らないと! 夏にはアルプスや八甲田行きたい!

2017年12月10日 笹子雁ヶ腹摺山

2017 12/10
山登り
大月市の秀麗富嶽十二景の一座 笹子雁ヶ腹摺山に登ってきました。

2017年12月10日 笹子雁ヶ腹摺山
フレさんが諸事情で中止になった為、ソロでそのまま行ってきました。
風が強くて激さむ!

北側斜面や日陰に雪が残っていたりと、着々と雪支度が進んでるようです。
とりえあず笹子駅から登る南斜面はまだ雪は登山道に雪は無く、アイゼンは不要でした。

ピーカンの青空の中、風ピューピューを突き抜けて登頂
雪化粧した富士山が!!

ここのところコンスタンスに登ってるものの、病み上がりなのもあってピストンでそのまま素直に下山
今回も昼前に下ってサクサク山行に。

コース的には、ザレた急坂がとりつき部分にあり、初心者には厳しいように思います。
マーカーもちょいちょいあるものの、とりつき部を始め道迷いに注意が要ります。

笹子駅からそのまま頂上を目指す場合、コースタイムが短いので体力的にはさほど要求されませんが
コースファインディングやザレ場の慣れなど、鎖場は無いものの比較的難易度の高い山のように感じました。

頂上はさほど開けておらず、木が枯れてる時期でないと富士山は厳しいかも?
ただ、富士山が近いので大きくインパクトがあり、見ごたえがあります。

コースも短いので、ザレ場の練習には良い山かもしれません。

ヤマレコ(ヤマプラ)と連携 WEB登山届"山と自然ネットワーク「コンパス」"

2017 12/05
山登り
ここ数年の登山ブームに比例して、事故・遭難の件数が大幅に増えているようです。
ですので安全な登山への取り組みが今、早急に求められています。

特に20~30代の私たちの世代です。
安全性への配慮が欠如している場合を散見します。

仲間の命、軽くないですよね
最低限出来ることはしましょう!!

ということで、主にWEB系の登山関連のサービスの紹介です。

ヤマレコ
先駆者の登山の記録を閲覧することが出来ます。
また山やそのコース自体の情報も非常に豊富です。
登山地図と合わせて情報をしっかり仕入れましょう!
※登山はレースではありません山行タイムを煽り合うような真似はやめましょう。

ヤマプラ
ヤマレコ内のサービスです。
大手の登山地図、山と高原地図をWEB上で使用してコースタイムの計算を行えます。
またヤマレコと連携して登山計画を立てられます。
※山と高原地図に記載されている登山口へのアクセスやその他情報はWEB上では表示されません。きちんと別途購入して山に持っていきましょう

山と自然ネットワーク「コンパス」
WEB上から登山届の提出ができます。
都道府県によっては本サービスと自治体が協定していますので、該当しているか確認しましょう。
下山届の設定により、下山予定より著しく下山届が遅れている場合、登録した緊急連絡先に連絡が行くようにすることが出来ます。
下山連絡は登山でのいざという時の生還率に大きく影響してくると思われます。
特に山岳会や部活、サークル等に参加しておらず下山連絡などの習慣がないソロ登山者には有効活用して頂きたいシステムです。
本サービスは、ヤマプラ・ヤマレコの登山計画作成画面からそのまま連携して手続きが行えます。
下山届も、登山届後に来るメールから数タップで行えるほど非常に手軽です。

晩秋の武甲山

2017 12/02
山登り
奥秩父にある武甲山に登りに行ってきました。

2017年11月 武甲山

前回の御岳山で運動不足を痛感したので比較的短いコースの山でトレ登山を、ということで武甲山に。
紅葉はほとんど終わっていたけど、登山口付近は結構残っていてラッキー。

コースタイムは6hちょっとで短めだけど、緩急が結構あって登りごたえもそこそこ。
頂上付近に10頃に着いたものの、残念ながらガスってて景観は望めず。

頂上でごはんのつもりだったけど、まだ早かったのでそのままささっと降りてきました。
電車のダイアの都合、ほとんど走るようにして下山、帰路へ。

今回は鈍り予防ということで、かなりトレ気味な山登りに。
6時間ちょいの山行を3時間ちょいで戻って来ました。

秋の山登りはルートファインディングが一層重要になるし
奥秩父はよりメジャーなところより整備は一段落ちるので良いトレになりました。


しかし、かなり圧をかけたとはいえ、翌日には筋肉痛に・・・。
登山での筋肉痛はあまりならくなってたのに、かなり鈍っている模様。

山行頻度を落とすつもりだけど、これはなかなかしんどいものが・・。

Template: pink2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © オレアノ All Rights Reserved.